●お持ちの革や紙、木材などへ箔押しや焼印の試し押しを無料で行っています。

試し押し依頼 →試し押しのご依頼はこちら

●当店ご来店で活字やホットスタンプなどを実際に使ってお試し頂けます。
ご来店予約はこちら

冬場じゃなくても、手が荒れやすい私。

たまにしか、しませんがお皿を洗う中性洗剤でも、すぐ手が荒れてしまいます。

歳とって、油がたりなくなったのかなぁ~

今日の焼印のお写真は、さつま揚げ。

こちらの焼印は、MサイズとLサイズの大きさです。

両方とも、電気式半田ゴテにて加工しました。

以外に細かいデザインも焼き目が入ってます。

IMG_9668.jpg

押し付けると、油がパチパチわいてくる音が聞こえます。

そしていい匂いも!

おまけに、つぎの写真は何に焼印をしたものでしょうか?


IMG_9875.jpg

正解は・・・・・・・・

タコつぼ。

瀬戸内海の漁師さんからのご注文をいただき

その手前で、試押しさせていただいた時のタコ壺です。

材質は、プラスティック。

少し溶けすぎました・・・・

IMG_9867.jpg

これの、底部分にセメントの重りをはかせて、海に仕掛けるそうです。

蓋もないのに、タコが捕まる。。。

タコの習性を活かした、漁です。


関西人のお宅には、必ずタコ焼き焼き機があります。きっと。


本日のご紹介は、サイズ別に機材がわかる⇒ 電気式焼印なら、オリジナル版と半田ゴテセット!




ウールのアートに焼印。

2016年11月17日 18:36
気温が低くなり、我が家の中古戸建てのお風呂もとっても寒い季節がやってまいりました。

昭和61年築なので、浴槽もステンレス。

フローリングの前に、お風呂を変えておくべきでした・・・

今日の試押しは、毛糸への焼印。

IMG_1056.JPG

60Wと100Wの二刀流で、サイズの番う焼印でテスト。

ちなみに、こちらのアート作品は毛糸をコルクなどに一本ずつはってあります。

普段は、似顔絵を描いたりされてるそうです。

あったかみがあり、色も鮮やか!

焼印した結果がこちら

IMG_1058.JPG

ご覧の通りに、厳しい結果となりました・・・

まぁ、やる前から予想はしておりましたが、溶けて硬くなってしまい焼き焦げてしまいます。

IMG_1061.JPG

いっしょにお持ちいただいたキャンバスにも、焼印。

こちらはきれいに焼き目がはいりました。

素材は、紙?生地ではなさそうでしたが、100均もいろいろラインアップが豊富です!

IMG_1064.JPG

押しつけ時間は、約5秒ぐらいです。

焼印の成功のポイントとしてあるのが、素材ごとに押しつけ時間(秒数)をだいたいでいいので決めておくこと!

IMG_1074.JPG

毎日のランチでお世話になっている、デリカ ロクシナも冬支度。

下書き無しですらすら描けるのが、すごいなぁ~といいながら邪魔をしても、余裕でした。

ロクシナさんお抱え(アルバイト)のアーティストのしーちゃん。

もうすぐ師走だ、一日一日を大切にがんばっていきましょう!

仕事のはじまりは、いつも掃除からはじめております。

気がついたら使わないモノであふれてしまう秘密の机。

事務所の掃除も気が付けば担当が決まっており、窓もトイレもきれいなのが、やっぱり気持ちいい!

今日のご紹介は、この写真。 

IMG_0850.jpg

こちらの鹿革に加工した4種類の加工を試押しいたしました。

日本の鹿革で、牛革や海外の鹿革よりも厚みが薄く、柔らかいのが特長だそうです。


一番上から、

1、打刻  打刻棒 

2、箔押し ホットスタンプ(箔押し機) 約110℃ 約1秒程度

3、型押し ホットスタンプ(箔押し機) 約130℃ 約3秒程度

4、焼印  60W半田ゴテ 約1秒程度



オリジナル版ひとつで、道具をかえれば仕上がりに違いをだすことができます!

デザインの中身は問いません。

デザインのサイズで定額で、オリジナルの焼印・刻印がネットですぐ届く。

はじめての方もから、プロの方まで、みなさまにご利用いただいております!


朝晩、冷え込んでまいりました、体調管理にはくれぐれもご注意下さい。

幼稚園と小学校から、あらゆる指定伝染病をもちかえってくる息子たち・・・


焼印・刻印などのご相談はお気軽に!⇒ 無料相談はこちら




季節もすっかり変わってしまい・・・

日々の業務に追われて、おろそかになってしまっておりましたが・・・

その分、たんまりと焼印・刻印・箔押しのコンテンツがたまっておりますので、がんばってまいります!

今日、ご紹介は柿の葉への焼印。

使用するのは、焼印お試しセットで作っていた来年の干支の『酉』。

関西やからって、西ではございません。

柿の葉.jpg

お送りいただきました梱包を開けると、いい香りがただよってきました。

それでは、お試し焼印セットの焼印にて試押し致します。

『わたし、失敗しないので』

と心で言いながら。

お試し焼印セット.jpg

コンセントにさしこみ、約5分から10分程度で準備OK!

早速焼印を!

柿の葉2.jpg

通常の素材と違い、焼印して出るけむりすら、ほのかにいい香りでした!

柿の葉と、焼印。

なかなかの仕上がりでいい雰囲気でした!



・焼印に興味があるけど・・・と、思っている方必見! 

・好きなデザインでオリジナルの焼印・刻印を!

・開業祝いやギフトにも!


初回限定!20mm×20mm以内で、自分だけの焼印・刻印を! ⇒⇒⇒ お試し焼印セットの詳細はこちら



過去の記事  お試し焼印セットのご紹介はこちら  お試し焼印セットはじめました!






今日もここ伊丹市は真夏日のお天気!

暑い!事務所の机の位置が窓際なので、午前中はクーラーをつけていても全く冷えない・・・

夏バテしないように、規則正しい生活を心がけたいですね!

開会式は明日?先がけて予選がもう始まってますね

五輪の男子サッカーは初戦を落としてしまいましたが、なんとか予選を突破して欲しい!!

がんばれぇ~日本!ブラジルの人聞こえてますかぁ~!

今日はお試し焼印セットで、革・木・食品・布にそれぞれ焼印したものをご紹介します。

IMG_8566.jpg

革の素材からのご紹介!

版をセットした半田ゴテをコンセントに差し込み、約5分程度で予熱は完了です。

お試し焼印革.jpg

押しつけ時間により焼き目の色は変わります!

お試し焼印.JPG

革素材に焼印の場合、押しつけ時間が長すぎると、真っ黒に焦げちゃいます。

お次は、木材へ!

まな板.jpg

100均で買える、木製の箱にも!

桐箱1.jpg

いい感じです!

桐箱.JPG

コルクのコースターにも!

コルク.JPG

どんどんいきます!

食品編へ、お饅頭から

饅頭0.jpg

先ほどのまな板にのせて!

気が早いですが、来年の干支です。

饅頭.JPG

卵焼き~

卵焼き01.jpg

彫り部分は、約3mm程度ありますので柔らかい食品にも「じゅっ」っと

卵焼き0.JPG

最後に布、巾着へ焼印!

巾着.jpg

袋状のものへの焼印は、余分な箇所を焼かないように、間に下敷き替わりのものを挟んで下さい!

巾着1.JPG

あまり薄手の生地への焼印の場合、温度が高すぎて焼き焦げてしまう場合もありますのでご注意を!


いろいろな素材に焼印が簡単に加工できる焼印の入門編にはピッタリ!くわしくはコチラ⇒≪初回限定≫お試し焼印セットの詳細へ



いよいよ8月6日からリオでオリンピックがはじまります!

ジカ熱や治安の悪さなどの不安なニュースばかりが目立ち無事に開催される事を願うばかりです。

最近めっきり運動不足な私ですが・・・サッカーは気になりますね!

がんばれニッポン!メダルラッシュだ!

今日のご紹介は、素材4種類への箔押しになります。

オリンピックで金と銀がいっぱいとれますように、ゴールド箔とシルバー箔を

レザー・デニム・スウェード・ベロアの4素材に試していきます!

いろいろ素材4種.jpg

箔押しは、温度調整ができるホットスタンプ(箔押し機)を使用します。

IMG_1434.JPG

レザーへの箔押しからしてまいります。

設定温度は、約110℃。

スイッチを入れてから約15分程度であたたまります。

レザー.jpg

真鍮活字にて文字を、真鍮のオリジナル版にてロゴを。

少し余分なところまで箔がついておりますが、ブラシではたいてもらえれば刻印以外についている箔は取り除く事ができます!

デニム(黒)へつづきます、

デニム黒1‗1.jpg

表面の凸凹具合により少し箔がのっていないところもあります。

スウェード

スウェード.jpg

手触りの良い素材は、目で見えないほどの凹凸がありきれいに箔が定着しません・・・

最後にベロアに

ベロア‗.jpg

ベロア素材も、やはり箔が定着しませんでした。

右下には、型押しをしております。熱で定着してますので、きれいに刻印が入りました!

ホットスタンプを使えば箔押しはもちろん、型押し・素押しの加工をいろいろな素材に利用できます

家庭用コンセントがあれば、催事やイベントなどへ持ち出して使う事も可能です。


趣味で利用の個人の方からプロの職人さんまで幅広くご愛用いただいております⇒ホットスタンプ(箔押し機)のくわしくはコチラ




8月に入り、真夏日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

子供たちにとっては、ながぁ~い夏休みの真っただ中で、お祭りやプールにと楽しい事ばかり。

けがや熱中症に気をつけて残り1カ月あまりの夏休みを満喫してほしいですね!

本日ご紹介するのは、焼印お試しセットになります。

お試し焼印セット.JPG

焼印のサイズが、幅20mm高さ20mm以内となりますが、届いてすぐに電気式焼印ができる内容となっております。

2cmの焼印なので、そこまで細かいデザインまでは難しいですが、ワンポイントの焼印などであれば、しっかりいろいろな素材に焼印する事ができます!

セット内容はこちら

オリジナル版と6mmの軸。

デザインデータについては、お客様のおもちのデータをご入稿していただく形となります。

お試し焼印セット1.jpg

それと、60W半田ゴテ。

セットするとこんな感じになります。

お試し焼印セット3‗.JPG

プラスドライバーで、半田ゴテの片方のねじを少しゆるめるだけで、差し込めます!

早速、お試し焼印セットで特製の朝マックのようなものを焼印してみます!(イングリッシュマフィンと紙製の包装箱)

準備は、簡単!

コンセントにさして、5分程度待つだけです。

比較的小さい容量の半田ゴテですが、コテ部分と焼印部分は熱いので火傷にはくれぐれもご注意を。

お試し焼印セット4.jpg

「じゅっ」っと約2秒程度の押しつけで・・・・

お試し焼印セット5.jpg

この仕上がりです!

オリジナル焼印をする事で世界にひとつだけのオリジナル製品を簡単に作ることができます。

つぎに、紙製の箱への焼印。

最近の100均には、いろいろな商品がおいてあります。(常に焼印が入りそうなものばっかり物色しております。)

お試し焼印セット7.jpg

焼印の仕上がりに必要不可欠な事のひとつに、水平に押すこと。

それと安定して焼印が入るように、少しの工夫が必要な時もあります。

立体の箱の場合は、そのまま押してしまうと押し込んだ時に素材が逃げてしまい焼き目が入りません。

お試し焼印セット8.jpg

下に治具をおいてあげる事できれいに焼印が入ります!

お試し焼印セット9.JPG

段ボールや包装紙など外注の印刷をかける場合、それなりの金額になってしまうので

数量が少ない、予算があまりないなどの場合は、自作の焼印でコストカットとブランド力アップを!

お試し焼印セット10.JPG

焼印の入門編として、革・木材・食品などいろいろな素材に焼印をしていただければと思います!

お試し焼印セットは、初回限定のお客様のみの販売となっております。



焼印を試してみたい方必見!くわしくはコチラ⇒≪初回限定≫お試し焼印セットの詳細へ


本日の試し押しのご紹介は、インソールへの焼印、刻印、箔押し加工です。

革・布・合成皮革など種類の違うインソールへそれぞれの加工をしていきます。

ホットスタンプ(刻印/箔押し) 100W半田ゴテ(焼印) 

使用したのは、真鍮活字の(SAMPLE)サイズは高さ7mmのものになります。

インソール1.jpg

革素材のインソールから加工していきます!

インソール2.jpg

インソール4.jpg

素押し、箔押し、焼印どの加工もきれいに仕上がりました!

次は合皮素材のインソールに!

インソール6.jpg

素押し、箔押しは問題ありませんが、焼印は温度が高すぎて溶けてしまいました。

布地のインソールに、

インソール8.jpg

起毛している為、箔押しの場合生地に定着しにくいのでさわると剥がれてしまいます。

ホットスタンプでの刻印も少し見えにくい仕上がりです・・・一番下

焼印をしたのは一番上部で、型押しみたいには仕上がってます。

インソール9.jpg

種類の違うインソールへ、素押し、箔押し、焼印の加工をして仕上がりの違いをご覧頂けた思います。

電気式半田ゴテでの焼印よりも、温度調整が可能なホットスタンプでの加工の方が比較的きれいに仕上げる事が可能です。

インソールなどの素材は、水平なものだけではなく、立体に成形されているものもありますので

刻印や箔押しの際は、それぞれの形にあった治具を用意する必要があります。

きれいな仕上がりと数量を安定して加工するためには、素材を水平にセットできるかが一番大切なポイントとなります。

水平に置く事が、どの加工をやるにしても、きれいな仕上がりの成功への近道です!

・箔押し
ホットスタンプを使って行いました。
温度は120℃
各素材ともきれいに箔押しは可能でしたが、
起毛素材のものについては、定着力が弱いため触るとはがれてしまう恐れがございます。

・刻印(素押し/型押し)
ホットスタンプを使って行いました。
こちらも起毛素材のもの以外はきれいに刻印が入りました。
温度は120℃にて行っております。

・焼印
100W半田ゴテを使って焼印をしてみました。
黒いソールの分については素材が溶けてしまい焼印が不可でした。
起毛素材のものについては焦げるまではいきませんでしたが、
文字の形に型が付きました。



本日試し押しに使用したホットスタンプの詳細はこちら⇒刻印・箔押しなど加工いろいろホットスタンプ(箔押し機)

本日のご紹介は、昨日に引き続き革への素押しと箔押しです。

ホットスタンプと真鍮活字を使って早速試し押しの開始!

IMG_8076coco.JPG

活字スロットに、刻印したい活字を鏡のように逆にセットしていきます。

IMG_8077coco.JPG

セットできたら、ホットスタンプに差し込みます!

まずは、箔押し加工から、素押しよりも低い約110℃でする為、いつも試し押しはこの順番でやってます。

IMG_8079coco.JPG

ゴールドもシルバーもきれいに仕上がりました!

お次は、少し温度を上げて素押し・型押しです。

IMG_8081coco.JPG

型押しもきれいに仕上がりました!

IMG_8080coco.JPG

ホットスタンプがあれば素押しや箔押しなどの加工が簡単に自作できます。

コツさえつかめば失敗も少なくなり、いろいろなものに押したくなりますよ!!


自作加工いろいろ、サンプル作成や名入れのサービスも自作⇒ ホットスタンプ(箔押し機)の詳細へ

夏風邪からの復活!

あの寒気と頭痛から解放されて、今日からまたよくしゃべりだしております。

岡ちゃん、あっちゃんは少し調子悪いぐらいの静かな私の方がいいみたいです・・・

とにかく健康第一で夏本番に突入します!!


本日の試し押しのご紹介は、革への刻印・焼印です。

刻印は、ホットスタンプを使用して

焼印は、電気式半田ゴテを使ってそれぞれの仕上がりの違いを比べていきます。

まずは、刻印、ホットスタンプからです!

IMG_8392刻印焼印の違い.jpg

ホットスタンプは、スイッチを入れてから約10分ぐらいで余熱が完了します。

箔押しや素押しなど加工の仕方により、温度を調節できるのが最大の特徴です!

IMG_8395刻印焼印の違い.jpg

素押し・型押しに、今回は約130℃程度でやっていきます。

IMG_8396刻印焼印の違い.jpg

使用しているのは、真鍮製のオリジナル版です。

ホットスタンプについているアルミプレートにボンディングテープで取り付けて使用します。

IMG_8397刻印焼印の違い.jpg

次に、焼印をしていきます、

本来、電気式半田ゴテでは革への焼印は種類によっては温度が高すぎる場合が多いです。

今回はパワーコントローラー(電圧調整器)無しで焼印していきます。

IMG_8399刻印焼印の違い_ .jpg

やはり、見事に右側上部の焼印は焼ききってしまいました・・・

左上は、失敗を踏まえ押しつけ時間を、短く押したので、まぁまぁの出来となりました。

上段は焼印、下段はホットスタンプで刻印をしたものになります。

ご希望の仕上げにや素材によりやり方は決まってきますので、まずは仕上がりのイメージをお聞かせいただければと思います。


素押し・型押しや箔押しなどいろいろな加工が自作できる⇒「もう外注に出さなくてもいいんです!」ホットスタンプ(箔押し機)
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
名入れ用 オリジナル活字製作

店舗で実物をご覧頂けます

手動式 革漉き機

レザーツールズ宮ノ前店舗
兵庫県伊丹市宮ノ前3-4-22

革への名入れ オリジナル活字セット
いろいろな素材へ焼印や箔押しを試してみました!
オリジナル活字や深堀版のお手入れ方法
革への焼印・刻印・素押し・箔押しサンプル一覧
スマホケースに活字で名入れ

新着記事

カテゴリ

このページのTOPへ

トップページ - 手動式 革漉き機 - 卓上 焼印 箔押し機 - 革漉き機 使い方 - お問い合わせ - 革加工道具 通販 - パンに焼印 - 革への名入れ道具

革について - 革漉きについて - よくある質問 - 店長のブログ - 焼印 刻印 製作 - 活字セット - 焼印 - 鉛筆への箔押し - ダンボールに焼印

お菓子に焼印 - 打刻用 刻印 製作 - 革への名入れサンプル表 - 焼印・箔押し 試し押し - フォントの魅力 - サイトマップ

Copyright(C)2011 卓上 革漉き機 箔押し機 焼き印 通販 革加工道具のレザーツールズ All rights reserved. Google+