合成皮革の小物にオリジナルロゴを型押し(素押し)!

関西でも、とうとう梅雨入り・・・

これからしばらくは、雨ですね。
明日の幼稚園のイベントも延期になりそう・・・
今日のレシピは、合皮の小物にホットスタンプで型押し。
IMG_7769合皮小物.jpg
準備するもの・・・オリジナル版、ホットスタンプ
IMG_7770合皮小物.jpg
内側には、小さい写真を入れる事ができるようになっています。
ちょうどこの裏側に型押しするので、押す面をたいらにするのと、このナイロンに熱が伝わらないように
サイズにあわせてカットした下敷きのようなもの(これは、プラスティックのカードをカッターできりました。)を挟みます。
IMG_7771合皮小物.jpg
ホットスタンプの温度は約110℃から120℃程度。
合成皮革は、容易に溶けてしまうため合皮の素材ごとに適温を見つけるのがポイント!
IMG_7773合皮小物.jpg
あとは、スライドテーブルの上側の治具を調整し、同じ場所に型押しできるように設定します。
IMG_7777合皮小物.jpg
型押しのため、かなり控えめな感じの仕上がりとなりましたが、これも素敵やん!
IMG_7775合皮小物.jpg
ホットスタンプとご自分のロゴやお店のロゴのオリジナル版があれば、簡単にオリジナルのノベルティが
外注に出さなくても自作できます!
紙、革、合皮、木などに型押しや箔押しも可能ですよ。
IMG_7774合皮小物.jpg
オリジナル版とは別の名入れ用の活字があれば、お客様の名前や短いメッセージも入れる事ができます!
商品とは別に名入れのサービスも付け加えての販売をすれば、コストカットで売り上げアップに即貢献します。
今回ご紹介したホットスタンプの詳細はこちら