実際に焼印をしてみよう一覧

電気式セットで革にロゴを綺麗にいれるには!?

電気式セットで革に安定したロゴ入れをするためのご紹介記事になります。電気式セットでは、温度調整機能がない半田ごてを熱源に焼印を加熱します。半田ごてのように温度調整機能がない加熱道具を革に使う場合、パワーコントローラー(温度調整機)という商品を使うことでお大まかに温度を調整することができるようになります。コストを抑えて安定したロゴ入れをされる場合には、パワーコントローラーがおすすめです。 記事を読む

理想通りの出来上がり!パンに手書きのロゴから作ったオーダー焼印でかわいく仕上がりました!

サンドイッチのパンにロゴ焼印で導入いただきましたお客様のご紹介記事になります。手書きのデザインからお作りさせていただいたオーダー焼印を届いてすぐに焼いてみた加工写真をいただきました。家庭用コンセントにさして簡単に焼印がはじめれる電気式セットで、はじめてでもこんなに簡単に焼印することができます!LINEの簡単お問い合わせから誰でも簡単にオーダー焼印がつくれます!焼印本舗にお任せください。 記事を読む

生ハムに焼印を押してみました!脂身にロゴが入るのか直火式の焼印でテスト!

生ハムに焼印でロゴをおせるかを試しているご紹介記事になります。直火式の焼印で焼印の仕上がりをたしかめています。食材など、実際に使用する素材をお送りいただけましたら無料で試し押しをさせていただきます!お気軽にご利用くださいませ! 記事を読む

塗装されたヘアブラシにロゴを焼印で押せる?電気式焼印の仕上がり

ニスや塗料などがすられている既製品の木製品へのロゴ焼印のご紹介記事です。電気式焼印で実際にロゴ入れの試し押しを写真でご説明しています。おもちのアイテムにロゴを低コストで入れる加工ができる商品をお探しの方のご参考にしていただければ幸いです! 記事を読む

宮城県亘理町シルバー人材センター様に焼き印のオーダーをいただきました!

宮城県亘理町シルバー人材センター様のオーダー焼印導入のご紹介記事です。真鍮製からステンレス製の焼印に乗り換えて追加オーダーをいただきました。直火で使用される場合には、耐熱・耐久性の面でもステンレス製の焼印はおすすめです。オリジナル焼印は、実用的な使い方からイベントでのノベルティづくりまで、いろいろな用途で活躍しています!ご参考にしていただければ幸いです。 記事を読む

麻素材の生地に大きめサイズの焼印を押してみました!

麻素材に大きめのロゴ焼印をしているご紹介記事です。大きいサイズの焼印加工のおすすめの道具は、やはり直火式での加工になります! どれだけ大きくても、直接の火であぶるやり方なのでガンガン焼くことができます。麻素材への焼き印をご検討の方にご参考にしていただければ幸いです。 記事を読む

焼印を押した裏側はどうなる?革に焼印の試し押し半田ごてとホットスタンプで比べてみました!

革(合成皮革)への焼印加工の裏側のダメージ具合をテストしているご紹介記事です。電気式セットの半田ごてと温度調整ができるホットスタンプの2つの加工道具で焼印をしていきます。合皮素材にロゴや文字入れをご検討の方にご参考にしていただければ幸いです。 記事を読む

竹に焼印を押してみた!電気と直火どっちがいい?竹への焼印の攻略法はこれだ!

竹にロゴや文字の焼印加工の試し押しのご紹介している記事です。電気と直火式のふたつの焼印のやり方で焼き目の仕上がり具合をテストしていきます。ズバリ竹への焼印の攻略方法もご説明させていただきましたのでご参考にしていただければ幸いです! 記事を読む

ロゴマーク焼印を電気式セットで綺麗にするやり方は?

電気式セットで焼印をキレイに押すやり方のご紹介記事です。ご紹介させていただくのは、建築のプロと、畳のプロのお二人の焼印セットの使い方を動画とお写真で簡単にご説明させていただきます!ロゴを正確な位置にブれずに焼印ができるやり方もご覧いただけますのでご参考にしていただければ幸いです。 記事を読む

極薄の革にロゴを入れるやり方はありますか?

厚みの薄い革にロゴマークを入れるやり方についてのご紹介記事です。熱を加えない打刻加工、電気式焼印の半田ごてでの焼印、温度調整が可能なホットスタンプでの加工の3つの違うやり方で試し押しをしています。薄い革にきれいにロゴを入れる時のご参考にしていただければ幸いです。 記事を読む