焼印本舗TOP > スマホケースへの名入れ加工

iPhoneやandroidのスマホケースに自社で誰でも簡単に箔押しや刻印の名入れができる真鍮文字アルファベットセット

スマホに名入れ 活字セット

最近お問い合わせがとっても多い、スマホケースへの名入れを特集してみました。

とても種類の多いスマホケースの販売にあたって、ここ一番のオリジナル性を打ち出すには、やはり「名入れ」がとても効果的です。

もちろん、スマホケースの素材や形状にも左右されますが、本革や合皮等の素材であれば、ほぼ問題無く名入れ加工が可能です。

そこで弊社で販売している「真鍮文字アルファベットセット」と「ホットスタンプ(箔押し機)」を使って、スマホケースにキレイに名入れができるか試してみました。

今までのお問い合わせでは、ほぼ刻印(型押し)加工のご依頼が多く、あまり箔押しのご質問は有りませんでしたが、もちろん箔押しも可能ですし、今から紹介する方法と同じ方法...若干の温度設定の違いだけで作業で来ます。


ホットスタンプと真鍮文字アルファベットを使ってスマホケースに名入れ

今回名入れ加工に使用するのが、コチラの手帳型のスマホケースです。


名入れをするスマホケース  名入れをするスマホケース

外側が革製で、内側にプラスティックのケースが内蔵されています。

この、プラスティックのケースが名入れ作業時にヒータープレート(ホットスタンプ上部の加熱部分)が当たって邪魔になります。

なので、このケースの厚さ分をテーブル上で上げてやらなければなりません。そこで、今回はスマホケースのサイズより少し小さめで長さの半分くらい、厚みが6mm程度の木片を作り、そこにゴム版約3mmを貼付けて台を作りました。


名入れをするスマホケース

こんな感じになります。

この台をテーブルセンターに両面テープで貼付けます。貼付けてからゴム版の上にペン等でセンターの印(縦線と横線)を書き込みセンターを出しています。

名入れをする場所としてはケースを開き、手前の下辺りが最良の場所になります。


名入れをするスマホケース

このままの状態で名入れ加工を行うと、スマホケースの長さでホットスタンプの奥にあたってしまうので、奥行きがある物に刻印を押す時は、取り付ける文字を反対向きにセットします。

今回名入れをする「sample」という文字なら・・・


名入れをするスマホケース

こんな感じで、文字の方を前後反対にセットします。

先ほどセットしたグリーンマットの真ん中に名入れ場所を合わせてセットして刻印します。


名入れをするスマホケース

名入れをする温度は、本牛革で約150℃~180℃、合皮で約110℃~150℃程度になります。参考温度ですので、必ずご利用素材の端材で試し押しをして、温度を確認して下さい。

実際に名入れをした分はこんな感じになります。


名入れをするスマホケース

今回名入れに使用した真鍮文字アルファベットのサイズは5mmです。文字数の多い場合は3mm位がよいかもしれません。

是非、スマホケースを販売しているあなたも、真鍮文字アルファベットを使った名入れサービスを試してみてください。

オリジナル活字セットで名入れ導入

オリジナル活字セットで名入れ0円

SNSで情報配信中
facebookで情報配信中 インスタで情報配信中 youtubeチャンネル

iPhoneやandroidのスマホケースに自社で誰でも簡単に箔押しや刻印の名入れができる真鍮文字アルファベットセット

スマホに名入れ 活字セット

最近お問い合わせがとっても多い、スマホケースへの名入れを特集してみました。

とても種類の多いスマホケースの販売にあたって、ここ一番のオリジナル性を打ち出すには、やはり「名入れ」がとても効果的です。

もちろん、スマホケースの素材や形状にも左右されますが、本革や合皮等の素材であれば、ほぼ問題無く名入れ加工が可能です。

そこで弊社で販売している「真鍮文字アルファベットセット」と「ホットスタンプ(箔押し機)」を使って、スマホケースにキレイに名入れができるか試してみました。

今までのお問い合わせでは、ほぼ刻印(型押し)加工のご依頼が多く、あまり箔押しのご質問は有りませんでしたが、もちろん箔押しも可能ですし、今から紹介する方法と同じ方法...若干の温度設定の違いだけで作業で来ます。


ホットスタンプと真鍮文字アルファベットを使ってスマホケースに名入れ

今回名入れ加工に使用するのが、コチラの手帳型のスマホケースです。


名入れをするスマホケース  名入れをするスマホケース

外側が革製で、内側にプラスティックのケースが内蔵されています。

この、プラスティックのケースが名入れ作業時にヒータープレート(ホットスタンプ上部の加熱部分)が当たって邪魔になります。

なので、このケースの厚さ分をテーブル上で上げてやらなければなりません。そこで、今回はスマホケースのサイズより少し小さめで長さの半分くらい、厚みが6mm程度の木片を作り、そこにゴム版約3mmを貼付けて台を作りました。


名入れをするスマホケース

こんな感じになります。

この台をテーブルセンターに両面テープで貼付けます。貼付けてからゴム版の上にペン等でセンターの印(縦線と横線)を書き込みセンターを出しています。

名入れをする場所としてはケースを開き、手前の下辺りが最良の場所になります。


名入れをするスマホケース

このままの状態で名入れ加工を行うと、スマホケースの長さでホットスタンプの奥にあたってしまうので、奥行きがある物に刻印を押す時は、取り付ける文字を反対向きにセットします。

今回名入れをする「sample」という文字なら・・・


名入れをするスマホケース

こんな感じで、文字の方を前後反対にセットします。

先ほどセットしたグリーンマットの真ん中に名入れ場所を合わせてセットして刻印します。


名入れをするスマホケース

名入れをする温度は、本牛革で約150℃~180℃、合皮で約110℃~150℃程度になります。参考温度ですので、必ずご利用素材の端材で試し押しをして、温度を確認して下さい。

実際に名入れをした分はこんな感じになります。


名入れをするスマホケース

今回名入れに使用した真鍮文字アルファベットのサイズは5mmです。文字数の多い場合は3mm位がよいかもしれません。

是非、スマホケースを販売しているあなたも、真鍮文字アルファベットを使った名入れサービスを試してみてください。

オリジナル活字セットで名入れ導入

オリジナル活字セットで名入れ0円

SNSで情報配信中
facebookで情報配信中 インスタで情報配信中 youtubeチャンネル