データ補正費用について

ここではデータ補正費用についてご紹介しています。

データ補正が必要なケース

焼印のデータ入稿では、Adobe Illustrator(イラストレーター)で作成されたデータが必要となります。データ補正が必要なケースは、イラストレーター以外のソフトで作成された画像データでのご入稿の場合になります。

画像データとは、Microsoft Office系のデータ、携帯で撮影した写真、手書きのデザインやFAXなど、Photoshopのpsdデータも画像データとなります。

Microsoft Office系のデータ

WordやExcelで作成されたテキスト(文字)データ

Microsoft Office系のデータのExcelで作成されたデータに写真を配置されている場合

写真のデータ

手書きデータ

ホームページで使っているようなカラーのデータ

データ補正でできること

画像データでお送りいただきました、元のデザインデータからイラストレーターで製作用の白黒2色のデザインデータを作成させていただきます。

Excelで入稿されたデータからの製作事例

※icrosoft Office系のデータで作成される場合には、PDFデータに変換してからのデータ入稿をお願いいたします。

スマホで撮影された看板のお写真で入稿されたデータからの製作事例

※スマホで撮影した写真でのデータ入稿の場合、真正面から影が入らないようにお願いします。

細かい手書きのスケッチで書かれたデータからの製作事例

※データ補正に必要な元のデザインはできる限り白地の紙などで作成してください。鉛筆などの濃淡が出やすいものよりペンのように線がはっきり判別できるものでご用意ください。

学校のホームページにあるデータからの製作事例

※インターネット上にある画像データなどでのご入稿の場合、画像解像度が低いデータではデータ補正ができないこともございます。

カラーの広告チラシからの製作事例

※カラーのデータの場合、白黒2色で表現できるものに限ります。また、白と黒の指示についてはお客様にてお願いいたします。

データ補正費について

焼印の入稿データでお困りの場合には、データ補正のサービスがございますのでお気軽にご利用いただければ幸いです。

データ補正費については、1点につきデータ補正費 3,000円となります。

データ補正の着手につきましては、ご注文登録完了後となりますのであらかじめご了承くださいませ。

また、元のデザインの内容によりデータ補正ができない場合もございます。

・データの解像度が低い

・写真のデータが歪んでしまっている

・カラーのデータでグラデーションがかかっている

など、お持ちのデータでデータ補正が必要かご不明な場合には事前にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加