試し押し一覧

畳の柄の塩化ビニル素材にロゴを入れてみよう!畳表

見た目にも涼しげな畳表が今日の試し押しの素材になります。ロゴ入れができるかどうかを確認していきます!塩化ビニル製の素材の畳表への試し押しのご紹介記事になります。合皮やPVCなどと同じく、温度調整をしながらの加工が必要な素材となりますので、ホットスタンプTW350を使ってテストをしていきます。 記事を読む

羊の革に電気式焼印でロゴをいれてみよう!焼印と型押しができる?

焼印本舗店長おかどめのブログです。今日は、羊の革へのロゴ入れ加工のご紹介です。電気式焼印の半田ごてでの加工と温度を調整することができるパワーコントローラーの使い方までをご説明させていただきます。オリジナルの焼印製作や加工道具の販売は、焼印本舗にお任せください。 記事を読む

ゴム素材へのロゴ・名入れをしてみよう!

今回の試し押しの素材は、ゴム。ゴムの種類などにあまり詳しくありませんので、どのような原料なのかまではわかりません。分厚いのとやわらかいの、という違いしか・・・ホットスタンプTW350を使ってロゴ・名入れ加工ができるかを早速テストしてまいります! 記事を読む

ロールケーキに焼印ができる?直火式の焼印でテスト!

今日の試し押しは、ロールケーキへのロゴ焼印になります。甘くやわらかい素材なので高温で短時間の焼き付けができる直火式の焼印で試し押しをしていきます。食材でも砂糖や油を多く含むお菓子系への焼印では、細かいデザインでのご利用はおすすめいたしません。左側のデザインのように、デザインを黒ベタで表現するのではなく、輪郭線で表現するようなデザインでの製作がおすすめです。黒ベタが多いと、食べた時に苦くなりますので! 記事を読む

ロゴ入れできる刻印は金属だけじゃない!やわらかい刻印でキッチリ箔押し!

今日の試し押しは、ポリカーボネート素材へのロゴ入れ加工になります。早速ホットスタンプを使ってテストをはじめていきます!ポリカーボネートにアクリル樹脂がコーティングされている厚み0.18mmの素材。ロゴ入れの加工の手段としては、型押しと箔押しぐらいに限定されます。うすい素材なので熱を掛け過ぎると変形してしまいそうです。まずは、箔押し、いつもの真鍮製の刻印でスタート! 記事を読む

カステラにロゴ焼印をホットスタンプで試してみました!

今日の試し押しは、カステラになります。ホットスタンプを使っての焼印加工でテストをしていきます。確認するポイントは仕上がりももちろんですが、大きめ素材のカステラがセットできるかどうかを確かめていきます。『ホットスタンプTW350でどの位置にどのくらいの大きさのものが押せるか確認したい。』を検証していきます! 記事を読む