焼印のデザインとデータ入稿について一覧

オーダー焼印届きました!のうれしいお便り

焼印本舗のオーダー焼印は、お客様のデザインからお作りさせていただいております。大きさも、ご希望のサイズでどんな大きさでも作れてしまいます。もちろん、サイズ別の定額です!焼印をする素材にあわせて、お預かりしたデザインデータのチェックをさせていただきます。焦げやすい素材だと、隙間の狭い箇所が焼きつぶれてしまいやすく、ご利用予定の加工道具にあわせたデザインの補正をしてご提案しております。 記事を読む

焼印にするデザインデータが無い!写真からでも作れるオリジナル焼印!

おかげさまで、今日も多くの焼印や名入れに関するお問い合わせをいただきました。気づけばこんな時間に・・・革製品や木材、食品などお客様によって焼印加工をする素材はさまざまです。オリジナルの焼印製作では、お客様のデザインでお作りいたします。文字やロゴ、キャラクターのデザインなど、ご希望のサイズに調整して定額でのオーダー製作になります。デザインデータについては、ご注文登録後にデータ入稿をしていただく手順となっておりますが、デザインやサイズについてのお問い合わせ・ご相談の場合には、事前にメールやLINE、ファックスなどでお持ちのデザインをお送りいただき、デザインチェックを無料にてさせていただいております。 記事を読む

データ作成の心配ご無用!オリジナル製作は焼印本舗にお任せください!

北海道の『7-iro』さまの到着したばかりのオリジナル焼印のご紹介記事になります。電気式セットで革に綺麗に焼き印がはいっています!デザインがわかれば、どんなものからでも簡単につくることができます!データ作成の心配ご無用!オリジナル製作は焼印本舗にお任せください! 記事を読む

イラレのデザインデータが無くても焼印が作れる!手書き・スマホの写真からでも定額オーダーメイド

オリジナル焼印製作の際のデータ入稿についてのご紹介記事になります。オリジナルの焼印を作りたいデザインはあるけれど、データとして送ることができません!オーダー焼印を作る際に必要なのが、焼印にしたいデザインデータです。お客様のオリジナルのデザインで作るオーダーメイドの商品なので、デザインをご用意していただくのはもちろんお客様自身になります。当店では、簡単に焼印がオーダーできるようにと、デザインデータの入稿については、あまり細かい制限はしておりません。 記事を読む

どら焼きにオリジナルのデザインでロゴ焼印を入れることが出来る!

先日、お届けさせていただきましたお客様の焼印オーダーの際のサイズについてのお問い合わせのご紹介記事になります。到着したばかりの焼印で早速試し押しをされ、嬉しいお言葉をいただきました『すてきな仕上がりに感動いたしました!』どら焼きに、綺麗に焼き印が押せるにも、理由があります。今日は焼印のサイズについてご説明しておりますのでご参考にしていただければ幸いです! 記事を読む

カラーの写真からオリジナルの焼印は作れますか?

オリジナルのデザインで作る焼印・刻印のオーダーでは、デザインデータが必要になります。焼印は作りたいけど、データが作れない・・・ご安心ください!焼印本舗のオーダー焼印は簡単にオーダーいただけるサービスがあります!お気軽にご相談くださいませ! 記事を読む

焼印するのが難しい素材・食材!デザイン作成のヒントに!

焼印するのが難しい素材のデザインについてのご紹介している記事です。焼印本舗のオーダー焼印製作はデザインの中身は不問、サイズ別の定額でお作りいたします!デザインやサイズのご相談を迅速・丁寧にさせていただきます。お店の商品にインパクトを与えることが出来るオリジナル焼印製作は当店にお任せください! 記事を読む

焼印デザインもソーシャルディスタンスも大事なのは距離!

焼印や箔押し加工のデザインについてのご紹介記事です。新型コロナウィルスのソーシャルディスタンスは2mm!しばらくは、人込みはできる限り避けるようにしましょう!1日でも早い終息宣言が聞けるように、できることからやっていきましょう!よい週末を!! 記事を読む

オーダー焼印でオリジナル商品が誰でもすぐに作れます!

企業様、会社ロゴ、メッセージ入りのお菓子、名前入りのパン、手書きのイラストやスマホで撮影したお写真の画像でオリジナルのオーダー焼印をお作りいたします!焼印のデータ作成の、これだけは知っておいて欲しいポイントをご紹介しています。オーダー焼印専門店の焼印本舗 記事を読む

【試し押し】木製のはがきに焼印はできる?細かいデザインで試し押し!

焼印を自分でする場合に一番気になるのが、使用する予定の素材に焼印をした時の仕上がり具合。焼印にするデザインはどんなに細かくても再現することができるのですが、焼印をする素材(木や革、食品など)によって仕上がり具合(焼き目の入りかた)に違いが出やすいのも焼印加工によくあることです。 記事を読む