焼印で困った。こんな時はどうする?一覧

電気式の焼きゴテを置く台!いいの見つけました!焼き鳥台?

焼印をする時の置き台についてのご紹介記事になります。焼印はアツい!そうです、何かに焼き印をする時には、電気式や直火式の焼印でもかなりの高温での作業となります。電気式セットの半田ごてでは、コンセントに差し込み、10分程度の予熱時間が必要です。ずっと電気ゴテ持っているわけにもいかないので、どこかに置いてあたたまるのを待ちます。直火式でも、同じこと、一度直接の火で炙った焼印は電気式焼印の時よりも高温になっていることがあります。作業の途中や、終わったさいに焼印を置いておける何かが必要なのです。100円ショップで用意できる便利なアイテムを発見しました!お店は、みんな大好きダイソーさんです! 記事を読む

焼印がうまく押せません。失敗しない食品への焼印について

焼印を食品(お菓子・パン・惣菜など)に失敗してしまう原因とその理由についてご紹介しています。オーダー焼印のデザインから加工のやり方までを食品にスポットをあてて解説しています。仕上がり重視の焼印製作は焼印本舗。 記事を読む

【道具の使い方】電気ゴテを長くお使いいただくために

電気式の焼印で使う電気ゴテを長くお使いいただくためのご紹介をさせていただきます。焼印を電気の力であたためる電気ゴテ(焼印用半田ゴテ)は、家庭用のコンセントに差し込むだけで焼印をすることができる便利な道具です。 記事を読む