革へのロゴ刻印をホットスタンプと電気式焼印の違いは?

本日の試し押しのご紹介は、革への刻印・焼印です。
刻印は、ホットスタンプを使用して焼印は、電気式半田ゴテを使ってそれぞれの仕上がりの違いを比べていきます。
 まずは、刻印、ホットスタンプからです!
IMG_8392刻印焼印の違い.jpg
ホットスタンプは、スイッチを入れてから約10分ぐらいで余熱が完了します。
 箔押しや素押しなど加工の仕方により、温度を調節できるのが最大の特徴です!
IMG_8395刻印焼印の違い.jpg
素押し・型押しに、今回は約130℃程度でやっていきます。
IMG_8396刻印焼印の違い.jpg
使用しているのは、焼印(真鍮製)です。
 ホットスタンプについているアルミプレートにボンディングテープで取り付けて使用します。
IMG_8397刻印焼印の違い.jpg
次に、電気式の焼印を半田ゴテでしていきます、
電気式の半田ゴテでの革への焼印は温度が高すぎる場合がほとんど。
温度帯は約550℃程度なので。
あえてパワーコントローラー(電圧調整器)無しで焼印していきます。
IMG_8399刻印焼印の違い_ .jpg
やはり、見事に右側上部の焼印は焼ききってしまいました・・・
左上は、失敗を踏まえ押しつけ時間を、短く押したので、まぁまぁの出来となりました。
上段は焼印、下段はホットスタンプで刻印をしたものになります。
ご希望の仕上げにや素材によりやり方は決まってきますので、まずは仕上がりのイメージをお聞かせいただければと思います。
素押し・型押しや箔押しなどいろいろな加工が自作できる

箔押し機の通販