• ホーム
  • 商品一覧
  • サイズと価格
  • QA
  • ご利用ガイド
  • マイページ
  • カートの中

名入れ用の真鍮文字(活字)を使ってクリアファイルに箔押しをしてみました

クリアファイルに箔押しで名入れに挑戦

柔らかくて耐熱性の低いクリアファイルにオリジナル製作の真鍮文字アルファベット(金属文字)で、名入れなどの箔押しができるかチャレンジしてみました。

クリアファイルなどの文房具は自分の名前や会社名などを専用の業者を使って箔押しをすることもありますが、今回上手く箔押しができれば外注に頼む必要がなくなり、自社でクリアファイルに名入れの箔押しが可能になり、コストカットにもつながります。

箔押しの名入れにはホットスタンプ(箔押し機)に真鍮文字アルファベット(金属文字)をセットして試してみます。

クリアファイルに箔押しで名入れに挑戦

名入れに使った文字(活字)は真鍮製で直彫りですので、エッジも鋭く箔押しの際にキレイに箔を素材にのせることが可能です。

では実際にクリアファイルに箔押しをしてみたいと思います。

クリアファイルはサイズが大きいためホットスタンプで箔押しをする際は、箔ロールを使って行うことができませんので、必要なサイズにカットした箔をのせて行います。

クリアファイルに箔押しで名入れに挑戦

クリアファイルに箔押しをする際に注意する必要があるのは、温度です。

革や紙などへの通常の箔押しであれば温度は110℃程度なのですが、クリアファイルはその温度だと箔がしっかり付いてくれません。

以前もためしたことがあったのですが、その時は温度を110℃で行ったため、失敗に終わりました。

ですが、今回いつも仕入れをしている箔屋さんに温度を少し高めにするとキレイに付きますよ♪という情報をゲットしたのでチャレンジしてみることになりました。

クリアファイルへの箔押しに最適な温度は140℃になります。
この温度は箔の融点になるため、箔が付きにくいクリアファイルでも、箔が溶け込んでしっかりと定着するということなんです。

では早速箔押しをした結果をみてください!!

・・・


・・・


・・・


クリアファイルに箔押しで名入れに挑戦

どうですか!
しっかりと箔が付いていますね

クリアファイルにしっかりと定着しているので、普通に使う分には箔が取れる心配もありません。

文字もしっかり分かります。
かなりキレイに箔押しが出来ているのではないでしょうか^^

ここまでのクオリティーが出せれば、商品への名入れについても全く問題ないと思います。

例えば名入れをすることでオリジナルのクリアファイルを作ってあげることも可能ですね。 鉛筆への名入れはよく見ますが、クリアファイルへの名入れはなかなかみません!

もちろん名入れだけではなく、会社のロゴなども箔押しすることが可能ですので、利用用途は格段に広がるのではないでしょうか!!

箔押しだけじゃなく、エンボスをかける素押しも可能です^^

クリアファイルに箔押しで名入れに挑戦

クリアファイルへの箔押しを動画撮影しましたので一度のぞいてみてください。


今回使用した道具・・・

  • オリジナル真鍮文字アルファベット
  • ホットスタンプ(箔押し機)
  • クリアファイル

今回使用したオリジナル真鍮文字アルファベットについては、約700種類のフォントからお好みのフォントを選んで、完全オリジナルで製作しています。名入れなどの焼印や箔押し、素押しで利用できる真鍮製の文字(活字)になります。

詳しくはこちらのページをご確認ください→ 名入れ用真鍮文字アルファベット製作

SNSで情報配信中
facebookで情報配信中 インスタで情報配信中 youtubeチャンネル line友達登録

名入れ用の真鍮文字(活字)を使ってクリアファイルに箔押しをしてみました

クリアファイルに箔押しで名入れに挑戦

柔らかくて耐熱性の低いクリアファイルにオリジナル製作の真鍮文字アルファベット(金属文字)で、名入れなどの箔押しができるかチャレンジしてみました。

クリアファイルなどの文房具は自分の名前や会社名などを専用の業者を使って箔押しをすることもありますが、今回上手く箔押しができれば外注に頼む必要がなくなり、自社でクリアファイルに名入れの箔押しが可能になり、コストカットにもつながります。

箔押しの名入れにはホットスタンプ(箔押し機)に真鍮文字アルファベット(金属文字)をセットして試してみます。

クリアファイルに箔押しで名入れに挑戦

名入れに使った文字(活字)は真鍮製で直彫りですので、エッジも鋭く箔押しの際にキレイに箔を素材にのせることが可能です。

では実際にクリアファイルに箔押しをしてみたいと思います。

クリアファイルはサイズが大きいためホットスタンプで箔押しをする際は、箔ロールを使って行うことができませんので、必要なサイズにカットした箔をのせて行います。

クリアファイルに箔押しで名入れに挑戦

クリアファイルに箔押しをする際に注意する必要があるのは、温度です。

革や紙などへの通常の箔押しであれば温度は110℃程度なのですが、クリアファイルはその温度だと箔がしっかり付いてくれません。

以前もためしたことがあったのですが、その時は温度を110℃で行ったため、失敗に終わりました。

ですが、今回いつも仕入れをしている箔屋さんに温度を少し高めにするとキレイに付きますよ♪という情報をゲットしたのでチャレンジしてみることになりました。

クリアファイルへの箔押しに最適な温度は140℃になります。
この温度は箔の融点になるため、箔が付きにくいクリアファイルでも、箔が溶け込んでしっかりと定着するということなんです。

では早速箔押しをした結果をみてください!!

・・・


・・・


・・・


クリアファイルに箔押しで名入れに挑戦

どうですか!
しっかりと箔が付いていますね

クリアファイルにしっかりと定着しているので、普通に使う分には箔が取れる心配もありません。

文字もしっかり分かります。
かなりキレイに箔押しが出来ているのではないでしょうか^^

ここまでのクオリティーが出せれば、商品への名入れについても全く問題ないと思います。

例えば名入れをすることでオリジナルのクリアファイルを作ってあげることも可能ですね。 鉛筆への名入れはよく見ますが、クリアファイルへの名入れはなかなかみません!

もちろん名入れだけではなく、会社のロゴなども箔押しすることが可能ですので、利用用途は格段に広がるのではないでしょうか!!

箔押しだけじゃなく、エンボスをかける素押しも可能です^^

クリアファイルに箔押しで名入れに挑戦

クリアファイルへの箔押しを動画撮影しましたので一度のぞいてみてください。


今回使用した道具・・・

今回使用したオリジナル真鍮文字アルファベットについては、約700種類のフォントからお好みのフォントを選んで、完全オリジナルで製作しています。名入れなどの焼印や箔押し、素押しで利用できる真鍮製の文字(活字)になります。

詳しくはこちらのページをご確認ください→ 名入れ用真鍮文字アルファベット製作


SNSで情報配信中
facebookで情報配信中 インスタで情報配信中 youtubeチャンネル line友達登録