• ホーム
  • 商品一覧
  • サイズと価格
  • QA
  • ご利用ガイド
  • マイページ
  • カートの中

真鍮製のオリジナル焼印を使って段ボールに焼印ができるか試してみました。

段ボールにオリジナル版で焼印

今回の焼印してみましたシリーズは、「ダンボール」です!

梱包等で使うダンボールですが、そのままだとやっぱりちょっと味けないですよね。

なので、オリジナルロゴの焼印を使ってダンボールにも焼印ができるか試してみたいと思います。

ダンボールに直彫り版で焼印

ダンボールに焼印をするのは、当店のロゴを深堀真鍮版で作った版を使います。

真鍮製の焼印は、温度の伝わりもよいので、しっかり半田ゴテからの温度を伝えてキレイに焼印ができるはず!

また、彫りも深いのでちょっと弾力のあるダンボール等には押しやすいと思います。

今回は硬めのものと柔らかい感じの2種類のダンボールに焼印を入れてみます。

ダンボールにオリジナル真鍮版で焼印

では早速ダンボールに焼印を入れてみたいと思います。

食品等とは違うのでちょっと長めに押していますよ!

少し紙の焦げる匂いがしてきましたので、もうそろそろオッケーじゃないでしょうか?

では焼印の結果は・・・

・・・


・・・


・・・


段ボールに焼印をした結果・・・

かなりしっかりと焼印が入りましたね!!!

やはりエッジが鋭いので、文字もくっきりと焼けています。
なかなかいいかんじですね!

次に少し厚みのある柔らかめのダンボールにも焼印をいれてみました!

段ボールへの焼印をした結果・・・

ちょっと押す時間が長かったため、余分なところまで少し焦げが広がってしまいました。

写真の上に見えているのは、ちょっと強く押しつけすぎて穴があいてしまいました><

柔らかめの段ボールについては、あまり強く押しつけないようにするのがコツですね。

どちらにしても段ボールにはキレイに焼印ができることが分かりました。

これなら、商品を発送する味けない段ボールが、焼印をすることでちょっとオシャレな専用箱になっちゃいますね^^

大量発送があるショップではしんどいかもしれませんが、商品の発送に段ボールを使っているショップ様などは、是非焼印を入れた段ボールで発送してみてはいかがでしょうか!

では、実際に段ボールに焼印をしている様子を動画でご確認ください。

■硬めのダンボールに焼印


■柔らかめのダンボールに焼印


今回使用した道具・・・

  • オリジナル焼印(真鍮製)
  • 100W 半田ゴテ
  • 硬めの段ボール
  • 柔らかめの段ボール

焼印(真鍮製)については機械による直彫りですので、細かいデザインでも再現性が高く、また彫りの深さが3mmでエッジもシャープなため、色々な用途に使用可能です。また、素材も真鍮ですので、耐久性も高く長期間の使用も可能となります。

詳しくはこちらのページをご確認ください→ オリジナル電気式焼印製作

SNSで情報配信中
facebookで情報配信中 インスタで情報配信中 youtubeチャンネル line友達登録

真鍮製のオリジナル焼印を使って段ボールに焼印ができるか試してみました。

段ボールにオリジナル版で焼印

今回の焼印してみましたシリーズは、「ダンボール」です!

梱包等で使うダンボールですが、そのままだとやっぱりちょっと味けないですよね。

なので、オリジナルロゴの焼印を使ってダンボールにも焼印ができるか試してみたいと思います。

ダンボールに直彫り版で焼印

ダンボールに焼印をするのは、当店のロゴを深堀真鍮版で作った版を使います。

真鍮製の焼印は、温度の伝わりもよいので、しっかり半田ゴテからの温度を伝えてキレイに焼印ができるはず!

また、彫りも深いのでちょっと弾力のあるダンボール等には押しやすいと思います。

今回は硬めのものと柔らかい感じの2種類のダンボールに焼印を入れてみます。

ダンボールにオリジナル真鍮版で焼印

では早速ダンボールに焼印を入れてみたいと思います。

食品等とは違うのでちょっと長めに押していますよ!

少し紙の焦げる匂いがしてきましたので、もうそろそろオッケーじゃないでしょうか?

では焼印の結果は・・・

・・・


・・・


・・・


段ボールに焼印をした結果・・・

かなりしっかりと焼印が入りましたね!!!

やはりエッジが鋭いので、文字もくっきりと焼けています。
なかなかいいかんじですね!

次に少し厚みのある柔らかめのダンボールにも焼印をいれてみました!

段ボールへの焼印をした結果・・・

ちょっと押す時間が長かったため、余分なところまで少し焦げが広がってしまいました。

写真の上に見えているのは、ちょっと強く押しつけすぎて穴があいてしまいました><

柔らかめの段ボールについては、あまり強く押しつけないようにするのがコツですね。

どちらにしても段ボールにはキレイに焼印ができることが分かりました。

これなら、商品を発送する味けない段ボールが、焼印をすることでちょっとオシャレな専用箱になっちゃいますね^^

大量発送があるショップではしんどいかもしれませんが、商品の発送に段ボールを使っているショップ様などは、是非焼印を入れた段ボールで発送してみてはいかがでしょうか!

では、実際に段ボールに焼印をしている様子を動画でご確認ください。

■硬めのダンボールに焼印


■柔らかめのダンボールに焼印


今回使用した道具・・・

焼印(真鍮製)については機械による直彫りですので、細かいデザインでも再現性が高く、また彫りの深さが3mmでエッジもシャープなため、色々な用途に使用可能です。また、素材も真鍮ですので、耐久性も高く長期間の使用も可能となります。

詳しくはこちらのページをご確認ください→ オリジナル電気式焼印製作


SNSで情報配信中
facebookで情報配信中 インスタで情報配信中 youtubeチャンネル line友達登録