• ホーム
  • 商品一覧
  • サイズと価格
  • QA
  • ご利用ガイド
  • マイページ
  • カートの中

消しゴムに真鍮文字アルファベット(活字)で名入れの箔押しができるか試してみました!

市販の消しゴムに箔押しを試してみました。

今回は一般的な消しゴムにホットスタンプと名入れ用の真鍮文字アルファベット(活字)を使って箔押しができるか試してみたいと思います。

ホットスタンプによる箔押しは温度も120℃程度なので、消しゴムが溶ける心配もないのできっと上手くいくはずです^^

箔押しに使用する活字(真鍮文字)は3mmサイズを使って試してみようと思います。

オリジナル活字

今回はホットスタンプを使っての箔押しですので、専用の文字スロットに文字をセットして利用します。

この活字(真鍮文字)をセットするスロットはアルミ製で、サイドからネジを締めて固定するのですが、このネジを締めすぎるとアルミが変形してネジが回らなくなるのであまり締めつけすぎないように注意が必要なんです。

以前締めすぎて回らなくなってしまった例が何件がありました。

名入れ用の真鍮文字は彫りが深いので、消しゴムのような柔らかくて弾力があるものでも、しっかりと箔押しができるはずですので、どんな感じになるか楽しみです。

消しゴムに箔押し 活字

ではでは、実際に消しゴムに箔押しを試してみたいと思います。

シルバーの箔をちょうどいい大きさにカットし、消しゴムの上にのせて試します!
箔は通常の紙や革に使用する箔を使います。

押しこむ力は少し抑え気味にしないと、グッと押しすぎるとめり込んでしまうので注意が必要でしょう!

では消しゴムに押してみましょう!!

・・・


・・・


・・・


消しゴムに箔押し 活字

箔自体はキレイに消しゴムにも付きましたね^^

ちょっと慎重に押しすぎてしまったために少しかすれている部分もありますが、
このあたりは何度か試せば上手くできるようになるでしょう!

ここまでしっかり箔押しができるので、名入れや会社のロゴなどを入れることが可能ですね。

消しゴムは普段は紙のケースに入っていることが多いと思いますので、後ろの側面などに名入れをしておくというのもいいかもしれませんね。

鉛筆などへの名入れは結構多いと思いますが、消しゴムへの名入れはかなりレアな感じではないでしょうか?

入学式のプレゼント用などにご活用いただけるかもしれませんね^^

では実際に消しゴムに箔押しをしている様子を動画にてご確認ください!


今回使用した道具・・・

  • オリジナル真鍮文字 3mmサイズ
  • ホットスタンプ(箔押し機)
  • 市販の消しゴム
  • シルバー箔

今回使用したオリジナル製作の活字(真鍮文字アルファベット)については、約700種類のフォントからお好みのフォントを選んで、完全オリジナルで製作しています。名入れなどの焼印や箔押し、素押しで利用できる真鍮製の文字になります。

詳しくはこちらのページをご確認ください→ 名入れ用の真鍮文字アルファベットセット

SNSで情報配信中
facebookで情報配信中 インスタで情報配信中 youtubeチャンネル line友達登録

消しゴムに真鍮文字アルファベット(活字)で名入れの箔押しができるか試してみました!

市販の消しゴムに箔押しを試してみました。

今回は一般的な消しゴムにホットスタンプと名入れ用の真鍮文字アルファベット(活字)を使って箔押しができるか試してみたいと思います。

ホットスタンプによる箔押しは温度も120℃程度なので、消しゴムが溶ける心配もないのできっと上手くいくはずです^^

箔押しに使用する活字(真鍮文字)は3mmサイズを使って試してみようと思います。

オリジナル活字

今回はホットスタンプを使っての箔押しですので、専用の文字スロットに文字をセットして利用します。

この活字(真鍮文字)をセットするスロットはアルミ製で、サイドからネジを締めて固定するのですが、このネジを締めすぎるとアルミが変形してネジが回らなくなるのであまり締めつけすぎないように注意が必要なんです。

以前締めすぎて回らなくなってしまった例が何件がありました。

名入れ用の真鍮文字は彫りが深いので、消しゴムのような柔らかくて弾力があるものでも、しっかりと箔押しができるはずですので、どんな感じになるか楽しみです。

消しゴムに箔押し 活字

ではでは、実際に消しゴムに箔押しを試してみたいと思います。

シルバーの箔をちょうどいい大きさにカットし、消しゴムの上にのせて試します!
箔は通常の紙や革に使用する箔を使います。

押しこむ力は少し抑え気味にしないと、グッと押しすぎるとめり込んでしまうので注意が必要でしょう!

では消しゴムに押してみましょう!!

・・・


・・・


・・・


消しゴムに箔押し 活字

箔自体はキレイに消しゴムにも付きましたね^^

ちょっと慎重に押しすぎてしまったために少しかすれている部分もありますが、
このあたりは何度か試せば上手くできるようになるでしょう!

ここまでしっかり箔押しができるので、名入れや会社のロゴなどを入れることが可能ですね。

消しゴムは普段は紙のケースに入っていることが多いと思いますので、後ろの側面などに名入れをしておくというのもいいかもしれませんね。

鉛筆などへの名入れは結構多いと思いますが、消しゴムへの名入れはかなりレアな感じではないでしょうか?

入学式のプレゼント用などにご活用いただけるかもしれませんね^^

では実際に消しゴムに箔押しをしている様子を動画にてご確認ください!


今回使用した道具・・・

今回使用したオリジナル製作の活字(真鍮文字アルファベット)については、約700種類のフォントからお好みのフォントを選んで、完全オリジナルで製作しています。名入れなどの焼印や箔押し、素押しで利用できる真鍮製の文字になります。

詳しくはこちらのページをご確認ください→ 名入れ用の真鍮文字アルファベットセット


SNSで情報配信中
facebookで情報配信中 インスタで情報配信中 youtubeチャンネル line友達登録